半年間の全力投資を振り返って反省と教訓

早稲田大学商学部2年の橋本卓弥(https://twitter.com/invest_forever)です。

2020年の3月23日から全力投資し始めて今日で半年と1日たちました。
全力投資というのは資金を全て証券口座にいれ、かつ日常生活のメインを株式投資に置き、
起きていて少しでも時間が空いていたら大体株のことを考えているというきちがいな状態です。
バイト中や授業中でさえもそんな感じ。
休みたいと思う日もあるし、株価を見たくない日もあるけど、なぜか頭の中は株のこと。
とても常人の生活ではありません。

大まかな流れとしては日本株(マザーズ)→1週間後、米株をプラス→5月から授業が始まり体がきつくなる→6月以降米株の割合を順次増やす1/4〜1/3に→7月中に1/2〜2/3米株に→今に至る
という感じ。

そんなことはどうでもいいので、どんな失敗をして(失敗ばっかり)、何を肥やしとして活かすことができたのか、自分自身の教訓みたいなものを話します。

バイト中、、暇でやる事がなくなったからツラツラと書いてるだけなので大したものではありませんが。

ちなみに投資に対する考え方なんて多くの人がお天気のようにコロコロ変わります。
これは前提。
「いや、お前こないだまで〜〜〜てゆうてたやん」
てのは殊更投資においてはナンセンス。
日常的な事なら分かりますよ、コロコロ考えが変わる人は信用できませんよね。
でも投資は違う。

なぜなら世の中が日々、光のように移り変わっていて株式市場はもっと小刻みな動きをしてる中、ずっと同じ考えに固執してると大損食らうことはしばしばであるから。

逆にそれがテンバガーを生み出すのかもしれないけど
日々試行錯誤してやってたら状況も変わるし、色々基本的な考えが変わることもあるのでそれはご了承いただきたいところ。

Twitterにも書いたとおり
今、株式投資するにおいて最も意識していることは以下の3点。

・銘柄選定<<
・PFの管理(資金配分)<<<<
・タイミング

①銘柄選定について

具体的な方法をインプットしてるわけではなく
「銘柄選定とはかくあるべきだ」
といった格言はないってことを自覚することです。

何が言いたいかというと
Twitterでは銘柄に食らいつく人をよく見かけます。
まるで銘柄=宝でそれさえ知られればもう、お仕事は終わりだと。
そんな感じに見えます。
銘柄が大事じゃないということではなくて、もっと大事な事があるのでは?ってことを言いたいのです。

例えばとある有名カリスマ投資家(じっちゃま)がX(仮称)を買っている、とツイートしたとします。

じゃあ、我々がXを買えばいいのかというとそんなことはなくて、勿論その人が言ってる事が100%正しくはないからということもあるけど、それよりむしろ

・その人はなぜ買ったのか?
→根拠は何?
→リスクは?
→周辺背景は?
→その根拠によるとどうなったら売るの?
→それは投資?投機?
→そもそもその人の買い付け値はいくらかわかる?

といった情報をしっかりと把握してないと自分はマネを到底したくない。
失敗しても成功しても再現性ないし。

で、結局のところ銘柄は自分が根拠に納得して買って上がれば(利益が出れば)基本的にいい訳で、他人のパフォーマンスと比較する必要もなければ、必ずしも周りよりハイパフォーマンスを出せばいいってわけでもない。
ハイパフォーマンスを出す銘柄の中にはリスクもそれくらい高い銘柄は数多くあるので。

ここは自分の投資手法と相談して選ぶのがいいかなあと。

②ポートフォリオの管理(資産配分)について

ここからはとても実戦的な話です。
例えば、A君とB君がいたとして
A君もB君も80%くらい同じ銘柄を選んでいる状態。
でもパフォーマンスは結構違う。
(A君の方がB君よりもパフォーマンスが高かったとする)

こういうケースでは結果論になるかもしれませんが、B君のポートフォリオの組み方を少し変えるだけで、全然違うパフォーマンスが出せるかもしれません。

例えば、ハイリスクハイリターンな銘柄はPF(ポートフォリオ、以下この記号で省略)
の何%入れているか
ハイリターンが見込め、確かにボラティリティは高いけど将来性においてはかなり確信している。株価にもまだ折り込まれていない。
そのような銘柄を何%組み入れてるか?

といったことを考えてみればわかります。

このあたりの話はとても頭が痛くなります。
自分がよく失敗したから。

7月頃ワクチン株に大量にお金を入れてました。モデルナ、ビオンテック、エマージェントに。
確かに7月〜8月初旬はすんごいリターンはありました。でも、、ワクチンなんてのは投機なのでいつどこで下がるか、、なんてのはわからないのです。
結局利益はそこまで大きくなくて、普通にハイテクに投資した方がパフォーマンスは高かったかもしれません。
この決断は別にその時の自分がバカだったと言うだけで全く後悔はしてません。
ただ、この経験はとてもよかった。
ワクチン系はエマージェントを1/4残してるだけで8月の上旬に全部利確しました。

そして、また9月に買いなおしているのですがそれぞれPFでゆうと数%です。(2%以下)

とにかく投機的なものはハイリターンが出るかもしれないけど、自分の場合どうしても投下できる割合が少なくなってしまうので仮にハイリターンで売れたとしてもPF全体のパフォーマンスとしてはそこまで美味しくないのかもしれない。でも、全部安全路線にするというのも面白くないので、とにかく肥大化しないようにしようという認識は常に持っています。

PFの30%の銘柄が5%上がったとすると
全体では1.5%UP

PFの5%の銘柄が20%上がったとすると
全体では1%UP

仮に、投機的な銘柄が大幅下落しても損失額は限定的なので、リスク管理しながら宝くじ感覚でやってます。

③タイミング

最も意識してることです。
例えばいくら優良企業の株でもそれがバブっていたり、決算前の過度な期待度の高まりからあまりにも割高な状態であったら買いますか?ということです。

相場の格言でかなり意識してるものの一つが
「銘柄ではなく株価に惚れろ」です。

確かに人気、有望銘柄はみんな欲しいので株価が高くなるのは当たり前です。
こんなことを言っていたらボロカス銘柄しか残らないよ、という意見もわかります。

ただ、その「割高」な中でも「超割高」の時に買わないようにしようという心がけです。

割高かどうかは四半期決算を基盤としてセクターごとにPERやPSRを用いたりします。

もし、「あー、これめっちゃ上がってる自分は乗り遅れてしまった、前から注目してたのに、くそう、今からでも間に合うかなぁ」

と思った時は乗らないようにしてます。
だいたいこーゆー時に乗ると崩れて「天井買い」になることがしばしば。

こーゆーケースは他の出遅れ銘柄を探したり、指をくわえて株価が下がるのをまったりします。(もちろん下がれば脳死で買いというわけではなくて、業績に直撃する暴落なら買わないし、いわゆる「全体の健全な調整」などで掴むということ)

今度は売る時(利確)ですね。
売る時は実は個人的に買う時より難しい。

もしかしたら青天井に上がるかもしれないし
はたまた急にレンジになったり
下降トレンドになるからです。

買う時とは違って最高値を更新し、まったく未知な領域に進んでいる時、不安になることは多いんです。

そういう時も出来高や、空売り比率、PSR、PER、ファンドの売買履歴、地合いなどと相談しながら、ある程度残して利益を引っ張りながら、一方では少しずつ売るなどタイミングが非常に大事。

個人的には怖くなって全部売るなら、一部残して逆指値をしっかりかける方が賢明だとは思います。

最後にみんな大嫌い、損切り。
これは技術云々より気持ち、メンタルの問題だよね。
まだ自分の中でも攻略できてないものの一つ。
損切りがうまくなって一流に近づけると思うので今のテーマですね。

大きな解決法の一つは逆指値だと思います。
自分の感情なんてあてにしてたら絶対狂うので買った時に逆指値をかけておく。
理性が残っているうちに。

逆指値の位置はレンジの指示線のちょい下であったり、色々時と場合によりますが、
結局感情に任せたらあまりうまく行きせん。

感情をコントロールする事がどうも苦手なので。
あとそれから、②の資産配分に通ずることだけど、自分が自信ある順番に資産を配分してると自然に損切りで失敗せることは減らせるよね。

だいたい損切りに追い込まれるのは確信度の低い銘柄であったり、裏付けが低い銘柄なのでそこの資金を抑えていれば損切りしてもいいような損失額であったり、多少損切りが遅れても痛手が小さいようになるのではないかということです。

もちろん自分の銘柄の選び方がクソだと倍返しされるけど、本当に信頼できる銘柄がよくわからん地合いのせいで下がってるだけなら、むしろ自分はナンピンしちゃうんで(参考にしたらダメ)。

また、新たな学びがあれば補足します。

それではまた不定期ですが、暇な時に何か書きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中