Facebook爆上げ、テスラ・アップルモード突入か。

こんにちは、Breakouts!元幹事長の池田慶吾です。

夏休みに入ってからBreakouts!では1年生によるサークル運営が本格化して、やっと名実ともに幹事長職を離れることができました。

今後はブログ運営や自身の仕事に注力することになりましたので、今後ともよろしくお願いします。


さて、新入部員渡邊による「ワタナベ君の投資体験記」初回はご覧いただけたでしょうか。<初心者による初心者のための記事>を目指して頑張ってくれています。

次回はネット証券の未成年口座開設について書いてくれるそうですので、「学校がひと段落して投資でもしてみようか」という方に必読となります。

私も「初心者に伝わるように、、」という初心にかえって噛み砕いた記事を書いていきたいと思います。


  1. Facebook株、1日で8%上昇!$300到達。
  2. InstagramとEーコマース
  3. 決算情報の確認
  4. アップル相場のおさらい
  5. まとめ

1、ブチアゲ

Facebookはコロナショック後、一時は150ドルを下回るも急激に回復して大底から2倍の300ドルに到達しました🎉

上のスクリーンショットは、取引時間中のもので取引終了時には8%上昇していました。


2、インスタと通販(Eーコマース)

今や日本で大人気のInstagramですが、ご存知の通りFacebookの提供です。

Instagramのストーリーをスワイプしていると、途中で広告が流れてきませんか?

広告をクリックすると商品サイトに移動して、すぐに購入することができ、その収益の一部がFacebookに支払われる仕組みです。


また、FacebookはFacebook・Instagramをアップデートし、「Facebookショップ」という機能が追加されました。

同サービスは、カスタマイズ可能なオンラインショップを無料(Facebookによる審査あり)で作成でき、Instagramなど同社が提供する他のアプリでも公開できるのが特徴。

https://japan.cnet.com/article/35155436/

また、写真のようにライブコマースの機能も持ち、誰でもテレビショッピングみたいなことができるようになります。かわいいおねーさんが紹介していたら衝動買いしてしまいそうです😇

中小企業や個人事業主が物販をする上で大変便利なプラットフォームになると思います。

要するに、

SNSの覇者が物売りでも覇者になるかもしれないんです。


3、決算情報

Facebookは6月末に黒人差別を助長する書き込みの対処を怠ったとして、陽キャラ高校生が使いがちなノースフェイス、私のエネルギー源であるコカコーラなどの大企業から連鎖的に広告ボイコットをされてしまいました。参考記事

そのため「今季のFacebookの売上高は落ち込むのではないか」と不安視されてしまい、株価が一時急落して横ばい相場に入りました。

しかし、7月31日発表の4〜6月期の決算で、、、

米Facebookが7月30日(現地時間)に発表した第2四半期(4~6月)の決算は、売上高は前年同期比11%増の186億8700万ドル、純利益は98%増(約2倍)の51億7800万ドル(1株当たり1ドル80セント)だった。営業利益率は前年同期比5ポイント増、前期比1ポイント減の32%。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/31/news068.html

何言ってるかわからなくても、とりあえず凄そうなのわかりますよね? コロナ禍で純利益2倍ですから。


お、おまえ、、やるやんけ

と良い意味で投資家の期待を裏切ってくれたので、その日の時間外取引では株価が8%も上げました。


4、Apple相場のおさらい

Appleは7月31日発表の4〜6月期決算で増収増益を達成したうえに、株式分割を決めました。その結果、株価の上昇に拍車がかかり時間外取引で400ドルを超えていきました。

*興奮した私の拙い落書きは見逃してください、、、


それから4週間経った今日、、

株価はなんと100ドル上げて500ドル台にいます😂

1:4の株式分割で株価が4分の1になるため、個人投資家が買いやすくなるということが好感されて継続的に多くの買いが入り続けてAppleの寄与度の高いNYダウが連日上げていくApple相場となりました。なおテスラも同じ感じです。


テスラ・Apple相場をまとめると

1、業績好調

2、株高になる

3、株式分割

4、さらなる株高

いう流れだと思います。要するに、

上げて、上げた後、上げるんです(語彙力

Facebookは業績好調で株高になってきました。この調子で株価を上げ続けて株式分割を発表した暁にはテスラ・Appleのように「天井なき上昇」が来るのではないでしょうか?

5、まとめ

今回はSNSの覇者、Facebookについて紹介しました。

時代の波にあった経営ができる会社は、現状のマネーサプライが拡大する(お札ジャブジャブ)の状況では時価総額が大きくても大幅上昇が見込めるということがわかります。

来月Facebookが400ドルになっていたら自慢記事、200ドルになっていたら号泣会見になると思います😅是非お楽しみに。

明治大学文学部史学地理学科_2年池田慶吾

明治入学後弊サークルに加入、先輩に勧められたFXを5月に開始。

金利トレードを得意としたが、コロナショックでFRBが「今後2年に及んで0金利を維持」との声明を発表し、金利トレーダーわい憤死。

低金利、量的緩和策の環境下で好地合の米国株に6月より参入し、現在おこぼれに預かっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中